コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴムタケ ゴムタケBulgaria inquinans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴムタケ
Bulgaria inquinans

子嚢菌類盤菌類チャワンタケ目ゴムタケ科のキノコ。夏秋の頃,ブナやミズナラなどの幹や朽ち株に固まってつく。子実体は初め球状,成熟すると倒円錐状の椀形になり,柄はほとんどない。暗褐色でゴムのような弾力があり,径4~7cm,高さ3~4cmである。外面は粗で,横皺がたくさんある。子実体の内部は寒天質で,子実体の上面に濃紫黒色の子実層を生じ,棍棒状の子嚢が密生する。世界的に広く分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のゴムタケの言及

【ビョウタケ】より

…皿状の子囊盤をもつ点でチャワンタケ科の菌に似るが,子囊の頭部構造にふたを欠く点で異なる。代表種に,直径1~2mmの皿をもち鮮黄色のモエギビョウタケHelotium sulphurinum Quél.や,直径2~5mmの皿をもち,全体が鮮やかな緑青色で,材を青緑色に染めるロクショウグサレキンChlorosplenium aeruginosum (Gray) De Not.,弾力あるゴム質のゴムタケBulgaria inquinans Fr.などがある。ビョウタケHelotium citrinum Fr.という種もあるが,一般には総称として用いられる呼名である。…

※「ゴムタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴムタケの関連キーワードビョウタケ子嚢菌類