コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子嚢 しのう

4件 の用語解説(子嚢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子嚢
しのう

(1) ascus 子嚢菌類有性生殖の結果生じる子嚢状の器官で,減数分裂の結果生じた8個の子嚢胞子を蔵している。 (2) theca コケ類の胞子嚢をさす。スギゴケ類などでは 蒴 (さく) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐のう〔‐ナウ〕【子×嚢】

子嚢菌類胞子嚢有性生殖によって生じる袋状のもので、ふつう8個の子嚢胞子を生じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

子嚢

 子嚢菌が有性生殖するときに形成する嚢状の器官.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子嚢
しのう

子嚢菌類を特徴づける「子嚢胞子」を内生する特殊な細胞。子嚢胞子形成前の細胞(子嚢母細胞)は一般に単相の2核であるが、まもなく核癒合して一つの複相核になる。この子嚢母細胞の核はすぐに減数分裂を行い、普通はさらに1回の核分裂を行って単相の8核となる。その後、それぞれの核を中心にして胞子が形成され、8子嚢胞子をもつ子嚢が完成する。
 子嚢菌類のうちでもっとも原始的な原生子嚢菌類には種々の子嚢形成法がある。接合した細胞が一つの子嚢になる原生子嚢(コウボキン)、接合して生じた複相菌糸体の末端細胞が子嚢になる頂生子嚢(スペルモフトラ)などである。繁殖器官として簡単な子実体をつくる小房(しょうぼう)子嚢菌類では、接合して生じた造嚢糸が二重壁子嚢をつくる。その他の真正子嚢菌類の場合は組織の分化した各種子実体を形成し、その中で造嚢系が一重壁子嚢をつくり、それが一つの層(子実層)をなすものが多い。子嚢は種々の仕組みで開口し、胞子を激しく射出する。[寺川博典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子嚢の関連キーワード子嚢菌類無性生殖生殖細胞子嚢菌類・子囊菌類有性生殖両性生殖子器子嚢菌子嚢胞子子囊菌類

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone