弾力(読み)ダンリョク

デジタル大辞泉の解説

外力が加わって変形した物体が、もとの形に戻ろうとする力。
圧迫をはね返そうとする力。また、事情や状態に応じるために自在に変化できる力。「計画に弾力をもたせて考える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物体に外力が働いて体積や形が変わるとき、物体内に生じる、原形にもどそうとする抗力。
※暦象新書(1798‐1802)中「原文にはヘールカラクと云り、カラクとは力なり、ヘールは鉄を鍛して延たるを巻たるを云り、能物を弾ずるの力なるが故に、今は弾力と名く」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「それからは弾力(ダンリョク)を失ったゴム糸のやうに間抜けてゆるく」 〔酉陽雑俎〕
② 心に受ける圧迫をはねかえそうとする力。また、さまざまな状況や変化に適応できる柔軟な性質。
※河霧(1898)〈国木田独歩〉「何等の弾力(ダンリョク)ある者を感じなくなった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弾力の関連情報