ゴルディオン遺跡(読み)ゴルディオンいせき(英語表記)Gordion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルディオン遺跡
ゴルディオンいせき
Gordion

トルコ中央部高原地帯にあるフリュギアの王都跡。首都アンカラの南西約 94km,サカリヤ川付近に位置する。 1950年より,R.S.ヤングらがこの遺跡と周辺の古墳群を発掘し,エスキシェヒール近郊のミダス・シェヒルとともに文献以外にあまり知られることのなかったフリュギアの歴史と文化の解明に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android