ゴルノ・バダフシャン(英語表記)Gorno‐Badakhshan

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルノ・バダフシャン【Gorno‐Badakhshan】

中央アジア,タジキスタン共和国南東部の自治州。面積6万3700km2,人口16万1000(1989)。1925年1月2日州政施行,州都ホルグKhorugh。住民はタジク人,キルギス人,ロシア人など。旧ソ連最高のコムニズム峰(7495m)があるパミール高原に位置し,東は中国,南と西はアフガニスタンに接する。西部パミールでは穀物・野菜・果樹栽培,東部パミールではクルジュク種めん羊・ヤク飼育が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android