コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンブロビッチ Witold Gombrowicz

2件 の用語解説(ゴンブロビッチの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ゴンブロビッチ【Witold Gombrowicz】

1904~1969) ポーランドの作家。アルゼンチンに亡命、南フランスで没。前衛的な作風で、二〇世紀文学の新しい可能性を切り開いた。長編「フェルディドゥルケ」「ポルノグラフィア」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴンブロビッチ
ごんぶろびっち
Witold Gombrowicz
(1905―1969)

ポーランドのユダヤ系前衛小説家。ワルシャワ大学法学部を卒業後、1933年、日刊紙の風刺時評作家として出発、同年、七つの短編よりなる『成熟期の日記』を出版して評価を得る。39年ドイツ軍の侵入前後に亡命、アルゼンチンに定住していたが、のちフランスに移り、バンスで死んだ。未成熟と成熟、若さと完成のなかに人間実在の本質をとらえようとし、その評価は国際的にきわめて高い。67年フォルメントール国際文学賞を受け、またノーベル文学賞の候補にもあげられた。代表作に『フェルディドゥルケ』(1957)、『トランス・アトランティク』(1953)、『ポルノグラフィア』(1960)など。[吉上昭三]
『工藤幸雄訳『ポルノグラフィア』(1967・河出書房) ▽米川和夫訳『フェルディドゥルケ』(1970・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ゴンブロビッチの関連キーワード東京ヴェルディ文化勲章解析変成作用熱雲東欧演劇中南米映画朝鮮映画由紀さおりビリーバンバン杉田二郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone