コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成熟 せいじゅくmaturation

翻訳|maturation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成熟
せいじゅく
maturation

生物学的には,種々の細胞,器官,ないしは生体全体の機能や構造が,成長の過程を通じて完全に発達した状態に到達することであるが,心理学的には,学習と対比されたものとして,個体が本来もつ成長過程を通してなされる行動変容をさす。そのため一般に,成熟を経験ないし環境的要因によらない遺伝的な要因による過程と考える場合が多い。ただし実際は,厳密にこの両要因の効果を確定することはむずかしく,通常成熟による行動の変容という場合,その動物種が正常な環境中で与えられる初期の経験ないし学習の効果も含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐じゅく【成熟】

[名](スル)
果物や穀物が十分に熟すること。「稲が成熟する」
人の心や身体などが十分に成長すること。「成熟した肉体」
その事をするのに最も適した時期に達すること。「機運が成熟するのを待つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

成熟【せいじゅく】

生物がその本来の機能を十分に営める状態に達すること。普通,個体が生殖可能な状態になる性成熟の意味に使われることが多いが,より広く,生殖細胞の成熟,種子の成熟などにも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

成熟

 動物個体が生殖可能な状態になること(性成熟)をはじめ,諸種の特定の機能を果たせる状態,備えた状態になることをいう場合が多い.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいじゅく【成熟】

( 名 ) スル
果物・穀物などが熟すること。
人間の身体・精神などが十分に成長し発達すること。 「よく-した肉体」 「 -した社会」
物事をなすに適当な時期になること。 「戦機が-するのを待つ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成熟
せいじゅく

個体が成長してその機能を十分に発揮できるようになること。動物においては生殖機能が完成することを、植物の場合は花をつけ実を結びうる状態になることをいう。動物では下垂体や甲状腺(せん)のホルモンが、植物では植物ホルモンが密接に関与する。成熟までに要する時間は生物の種類によってだいたい決まっているが、しばしば温度、光、その他の環境条件によって影響を受ける。一般に高温におけるほうが低温におけるより早く成熟する。また、たとえばラットを連続照明下で飼育すると成熟が早まり、連続暗黒下で飼育すると遅れる。成熟という語は個体に限らず、卵、精子、種子などに対しても用いる。なお、生殖細胞がつくられるときの減数分裂のことを成熟分裂ともいう。[内堀雅行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の成熟の言及

【成長】より

…個体群成長曲線はS字状曲線(シグモイド曲線)を示す場合が多い。成長の促進される前期と成長が弱まる後期の2相に大きく分けると,両相の移行点は植物では開花期,動物では成熟期にあたる。未熟期,成熟期,老衰期の3相に分けることもある。…

※「成熟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成熟の関連キーワードアラタ体ホルモンシュガースポットシルバーバック致死突然変異ナンテンジツ成熟ホルモン性欲・性慾成熟優位説幼形成熟年増盛り性的早熟悪性貧血精巣上体早生次郎SL理論雌性先熟肥切れ栄養素秋野菜春野菜

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成熟の関連情報