コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーメリ Gomel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴーメリ
Gomel

ベラルーシ南東部,ゴーメリ州の州都。首都ミンスクの南東約 280km,ドネプル川支流ソジ川に面する河港都市。 1142年に記録に現れ,14世紀リトアニアの支配下に入り,のちポーランド領,1772年にロシア領となり,商業都市として繁栄。ユダヤ人の力が強く,しばしばポグロム (ユダヤ人虐殺) の舞台となった。機械 (農業,電気) ,ベアリング,木材加工,ガラス,化学肥料,食品などの工業が主要工業である。ゴーメリ大学 (1969) ,鉄道工学大学,郷土博物館,人形劇場などがある。重要な鉄道分岐点で,ミンスク,ブレストチェルニゴフブリャンスクの各方面からの路線が集っている。人口 50万 3300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゴーメリの関連キーワードスベトロゴルスクノボズイブコフボブルイスククリンツイピンスクマズロフレチツァモズイリ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android