コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴール州 ゴールGhowr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴール〔州〕
ゴール
Ghowr

アフガニスタン北西部,山岳地帯にある州。州都はチャグチャラーン。ファラー川,ハリルード川,ムルガーブ川の流域で,住民の大部分は農業に従事するが,鉛と亜鉛も採掘されている。 12世紀から 13世紀初頭にかけてゴール朝治下の大帝国の中心地であったことから州名となった。面積3万 8658km2。人口約 34万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ゴール州の関連キーワードスルターンサラフディンアブドゥルアジズシャーモスククンプラン・ムジャヒディン・マレーシアジャムのミナレットと考古遺跡群アラム・シャー ヒサムジンクアラスランゴール自然公園ポート・スウェッテナムフォーマスターズ教会クアラ・ルンプールシャーアラムモスクグレンベー国立公園クアラスランゴールクアラ・ルンプルI. ミールザードニゴール修道院クアラルンプールペタリン・ジャヤマスジットジャメペタリンジャヤスウェットナムプタリンジャヤ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android