サイバネティク・アート(英語表記)cybernetic art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音や声,光,風,温度の変化など外部環境の刺激によって動く,フィードバック機構を備えた芸術作品。キネティック・アートの一種だが,作品自体の装置によって動くのでないところが異なる。 1948年に N.ウィーナーが提唱したサイバネティクスに基づく,科学情報による芸術の環境化・社会化への動きは既に 50年代に始まっており,60年代後半からはアメリカのツァイ・ウェン・イン,フランスの N.シェフェールらが,宇宙や自然の法則に対応して動く作品を制作している。現在では技術の高度化に伴い,音楽やパフォーマンスなど応用範囲もさらに拡大化・複雑化してきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android