コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイバーナイフ さいばーないふcyber knife

知恵蔵の解説

サイバーナイフ

コンピューター制御の可動式小型X線照射装置。1994年、米国のJ.アドラー教授らが開発した。ガンマ・ユニットより簡便で、全身の病気に対応できる。患者の周囲を照射装置が回り、最大104カ所の停止位置から、患者の病気部分を狙ってX線を照射する。X線CTやMR画像に対応、誤差は1mm以内といわれている。98年に脳腫瘍などが保険適用になった。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

サイバーナイフ(cyberknife )

定位放射線治療装置の一。コンピューターで制御されたロボットアームを用いて、病巣部にX線を照射し治療する。ガンマナイフと異なり、病巣の形状に合わせた照射が可能で、また、患者は治療中に体を固定する必要がない。脳腫瘍や動静脈奇形のほか、肺や肝臓など体幹部の癌(がん)などを切開することなく治療できる。商標。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイバーナイフ
さいばーないふ
Cyber Knife

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サイバーナイフの関連キーワード放射線療法

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイバーナイフの関連情報