サイモン ケーナー(英語表記)Simon Kaner

現代外国人名録2016の解説

サイモン ケーナー
Simon Kaner

職業・肩書
歴史学者 セインズベリー日本芸術研究所副所長

国籍
英国

生年月日
1962年

専門
縄文時代

学歴
ケンブリッジ大学大学院修了,京都大学大学院

学位
博士号(ケンブリッジ大学)

受賞
尖石縄文文化賞(日本,第11回)〔2010年〕

経歴
1984年大学3年生の春休みに初来日し、縄文文化に興味を持つ。ケンブリッジ大学で縄文時代の定住化と文化の複雑性についての研究で博士号を取得。’91年から京都大学大学院に留学。縄文時代を専門に土器起源や集落論などの研究を進める。2001年ケンブリッジ大学の博物館で、縄文を紹介する土器展を企画。以後、縄文文化に関する企画展や研究会を手掛け、縄文文化を欧州に紹介する活動に取り組む。2009年には大英博物館で土偶展「The Power of Dogu」を開催。2010年外国人として初めて尖石縄文文化賞(長野県茅野市)を受賞

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android