博士号(読み)ハカセゴウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

博士号

研究者へのパスポートと言われ、大学(4年)、大学院修士課程(2年)を修了後、博士課程(3年)に進み、自らの研究をまとめた博士論文が審査で合格すると与えられる。審査は複数の教授が当たり、外部の人を交えることもある。博士課程を経なくても、企業や研究機関の研究者が論文を大学に提出、審査に合格すれば授与される。

(2014-07-10 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はくし‐ごう ‥ガウ【博士号】

〘名〙 博士の称号。
一年有半(1901)〈中江兆民〉一「六月二十九日、東京文部省にて、法理医文諸科に於て博士号を授かりし者三十許名」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博士号の関連情報