コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウスラナークシャー South Lanarkshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウスラナークシャー
South Lanarkshire

イギリススコットランド中南部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地ハミルトンクライズデール(クライド川渓谷。→クライド川)と周辺の低地や高地からなる。人口の大半はグラスゴー大都市圏の南部にあたる市街地に集中し,南部に広がる広大な農業地帯が面積の大部分を占める。全域が旧ラナークシャー県に属する。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。クライズデールでは,グラスゴー市場向けの果物や野菜(多くは温室栽培),カールークで製造されるジャム用果実などの集約栽培が行なわれる。ほかに,オオムギ,カブ,家畜飼料なども産する。ラナークは小都市ながら,広大な農業地域の中心的市場となっている。ハミルトンは 19世紀に,初めはレースや繊維の製造,のちに石炭採掘により工業都市として発展したが,これらの産業はその後衰退し,今日ではおもに商業地区およびグラスゴーのベッドタウンとなっている。面積 1772km2。人口 30万7670(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サウスラナークシャーの関連キーワードイーストキルブライド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android