サウスラナークシャー(英語表記)South Lanarkshire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「サウスラナークシャー」の解説

サウスラナークシャー
South Lanarkshire

イギリススコットランド中南部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地ハミルトンクライズデールクライド川渓谷。→クライド川)と周辺の低地高地からなる。人口の大半はグラスゴー大都市圏の南部にあたる市街地に集中し,南部に広がる広大な農業地帯が面積の大部分を占める。全域が旧ラナークシャー県に属する。1975年の自治体再編でストラスクライド県の一部となり,1996年に単一自治体となった。クライズデールでは,グラスゴー市場向けの果物や野菜(多くは温室栽培),カールークで製造されるジャム用果実などの集約栽培が行なわれる。ほかに,オオムギカブ,家畜飼料なども産する。ラナークは小都市ながら,広大な農業地域の中心的市場となっている。ハミルトンは 19世紀に,初めはレースや繊維の製造,のちに石炭採掘により工業都市として発展したが,これらの産業はその後衰退し,今日ではおもに商業地区およびグラスゴーのベッドタウンとなっている。面積 1772km2。人口 30万7670(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android