コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サクソニー岩 サクソニーがんsaxonite

岩石学辞典の解説

サクソニー岩

斜方輝石が主な構成鉱物の橄欖(かんらん)岩で,少量の橄欖石を含んでいる.ハルツブルグ岩と同義.このサクソニー(ザクセン)産の岩石は非常に少量の橄欖石を含むエンスタタイト橄欖石岩として記載されたが[Dathe : 1876, 1883],ローゼンブッシュはこの名称を排除して斜方輝石橄欖石を含む岩石をハルツブルグ岩と命名した[Rosenbusch : 1887].しかしワーズワースはエンスタタイトを含むものをサクソナイトといい,ハイパーシンを主とする岩石をハルツブルグ岩として用いて以来広くこの語が使われた[Wadsworth : 1884].現在では一般にハルツブルグ岩が使用されている.ヨハンセンは鉱石鉱物の乏しい岩石をサクソナイト,鉱石鉱物に富むものをハルツブルグ岩と提案したが一般に使われることはなかった.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android