斜方輝石(読み)しゃほうきせき(英語表記)orthopyroxene

世界大百科事典 第2版の解説

しゃほうきせき【斜方輝石 orthopyroxene】

斜方晶系に属する輝石の総称で,主要な造岩鉱物の一つである。おもな化学組成は(Mg,Fe2+)SiO3で,MgとFe2+は0~0.9の間で連続固溶体を形成する。ほかに少量のCa,Al,Ti,Mn,Fe3+などを含む。Fe2+/(Mg+Fe2+)比が0~0.1のものをエンスタタイト,0.1~0.3のものをブロンザイトbronzite(古銅輝石ともいう),0.3~0.5のものをハイパーシンhypersthene(シソ輝石ともいう),0.5~0.7のものをフェロハイパーシンferrohypersthene(鉄シソ輝石ともいう),0.7~0.9のものをユーライトeulite,0.9~1.0のものをフェロシライトferrosilite(鉄ケイ輝石ともいう)と呼んでいるが,最近では0.1~0.9のものを総称してハイパーシンと呼ぶこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃほうきせき【斜方輝石】

斜方晶系に属する輝石の総称。頑火がんか輝石・紫蘇輝石など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜方輝石
しゃほうきせき
orthopyroxeneorthorhombic pyroxene

斜方晶系に属する輝石の総称。日本では、頑火輝石、鉄珪輝石ferrosilite、ドンピーコー輝石donpeacoriteが知られている。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃほう‐きせき シャハウ‥【斜方輝石】

〘名〙 斜方晶系に属する輝石の総称。頑火(がんか)輝石、古銅輝石、紫蘇輝石などがある。安山岩、斑糲(はんれい)岩、白粒(はくりゅう)岩などのなかに産する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の斜方輝石の言及

【輝石】より

…そのようなSiO4よりなる鎖と鎖の間にMg2+,Fe2+,Ca2+その他の陽イオンが入って鎖を互いに結びつけている。輝石には斜方晶系に属する斜方輝石と単斜晶系に属する単斜輝石とがある。
[斜方輝石]
 MgSiO3(エンスタタイト)成分とFeSiO3(フェロシライトferrosilite。…

※「斜方輝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android