コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜方輝石 しゃほうきせきorthopyroxene

5件 の用語解説(斜方輝石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斜方輝石
しゃほうきせき
orthopyroxene

斜方晶系の輝石の総称。頑火輝石紫蘇輝石などを含む。組成はおもに (Mg,Fe)SiO3固溶体で,酸化カルシウムを 1.5%以下,マンガンニッケル,鉄(III)などを微量に含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃほう‐きせき〔シヤハウ‐〕【斜方輝石】

斜方晶系に属する輝石の総称。頑火(がんか)輝石紫蘇(しそ)輝石など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃほうきせき【斜方輝石 orthopyroxene】

斜方晶系に属する輝石の総称で,主要な造岩鉱物の一つである。おもな化学組成は(Mg,Fe2+)SiO3で,MgとFe2+は0~0.9の間で連続固溶体を形成する。ほかに少量のCa,Al,Ti,Mn,Fe3+などを含む。Fe2+/(Mg+Fe2+)比が0~0.1のものをエンスタタイト,0.1~0.3のものをブロンザイトbronzite(古銅輝石ともいう),0.3~0.5のものをハイパーシンhypersthene(シソ輝石ともいう),0.5~0.7のものをフェロハイパーシンferrohypersthene(鉄シソ輝石ともいう),0.7~0.9のものをユーライトeulite,0.9~1.0のものをフェロシライトferrosilite(鉄ケイ輝石ともいう)と呼んでいるが,最近では0.1~0.9のものを総称してハイパーシンと呼ぶこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜方輝石
しゃほうきせき
orthopyroxeneorthorhombic pyroxene

斜方晶系に属する輝石の総称。日本では、頑火輝石、鉄珪輝石ferrosilite、ドンピーコー輝石donpeacoriteが知られている。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の斜方輝石の言及

【輝石】より

…そのようなSiO4よりなる鎖と鎖の間にMg2+,Fe2+,Ca2+その他の陽イオンが入って鎖を互いに結びつけている。輝石には斜方晶系に属する斜方輝石と単斜晶系に属する単斜輝石とがある。
[斜方輝石]
 MgSiO3(エンスタタイト)成分とFeSiO3(フェロシライトferrosilite。…

※「斜方輝石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斜方輝石の関連情報