コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッリネン

百科事典マイペディアの解説

サッリネン

フィンランドの作曲家。サリネンとも。旧ソ連の同世代の作曲家たちと同様,〈調性〉の可能性にあらためて光を当てた作曲家の一人。1955年−1960年ヘルシンキシベリウス音楽院でA.メリカント〔1893-1958〕とコッコネンに作曲を学び,12音技法十二音音楽)を試みたのち調的要素を盛り込んだ《交響曲第1番》(1971年)などを発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サッリネンの関連情報