コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

12音音楽 じゅうにおんおんがくtwelve-tone music; dodecaphony

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

12音音楽
じゅうにおんおんがく
twelve-tone music; dodecaphony

半音階を形成する 12の音を平等に1回ずつ用いた音列を作曲の出発点とし,各音を平均して用いることによりすべての音を同価値とし,従来の機能和声にみられるエネルギーの方向性を否定して,調性や旋法に基づかない新しい体系のうえに立つ音楽。ハウアーにより 1919年頃,シェーンベルクにより 23年組織的な体系が確立されたが,後者により芸術的にも高められ,その後,彼の弟子であるウェーベルンベルクにより推進された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

12音音楽の関連キーワードジョセフ・M. ハウアードイツ・オーストリア音楽マリオ ペラガルロアルゼンチン音楽ダラピッコラフランス音楽レイボビッツ福島 和夫ブーレーズ現代音楽ヘンツェバビット無調音楽石井眞木音列作法諸井誠対位法半音階セリー転回

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android