コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトヤ・ナデラ さとや・なでら Satya Nadella

2件 の用語解説(サトヤ・ナデラの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

サトヤ・ナデラ

マイクロソフト社のCEO(最高経営責任者)。1967年、インド中南部アーンドラ・プラデーシュ州のハイデラバード生まれ。創業者で初代CEOのビル・ゲイツ、2代目CEOスティーブ・バルマーに継ぐ3代目CEOとして、2014年2月に就任した。就任当時は46歳。趣味はクリケットと詩を読むこと。
米サン・マイクロシステムズを経て、1992年にマイクロソフト社に入社。サーバ部門、ビジネスソリューション部門などを担当した後、2008年にオンラインサービス部門へ異動し、同社の検索エンジンBing」の立ち上げや、米ヤフー社との提携を手掛けた。また、11年には、同社の看板製品である「Windows Server」や「SQL Server」などを扱うサーバ&ツール部門を統括した。
13年には、マイクロソフト社で、「One Microsoft(一つのマイクロソフト)」という合言葉のもとに、これまでの製品部門ごとでの独立した組織運営を見直し全社で統一した戦略を行う大規模な組織再編が行われた。その後、サトヤ・ナデラは、再編された新グループであるクラウド&エンタープライズエンジニアリング部門を経て、CEOに至った。
クラウドサービスを全てのユーザー、全てのデバイスへつなげていくことを掲げたサトヤ・ナデラは、14年3月にアップル社のiPadWordExcelなどのドキュメントが閲覧できる「Office for iPad」を、自ら発表。同年の4月3日(現地時間)には、「Office for iPad」の「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」のダウンロード数は1200万本を突破したと発表された。

(横田一輝  ICTディレクター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

サトヤ・ナデラ

実業家。1967年、インド・ハイデラバード生まれ。92年、米国のサン・マイクロシステムズ社から世界最大のコンピューターソフトウェア会社であるマイクロソフト社に移り、サーバ部門、ビジネスソリューション部門など技術部門で活躍。2008年、オンラインサービス部門の上級副社長に就任。11年、サーバ&ツール部門社長に就任。13年7月、同社の組織再編に伴い、クラウド&エンタープライズエンジニアリング部門の上級副社長に就任。14年2月4日には、ビル・ゲイツ、スティーブ・バルマーに次ぐ3人目のCEO兼取締役に就任した。

(2014-2-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サトヤ・ナデラの関連キーワードCEO/COOマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスワードMicrosoft dotNETマイクロソフトカードマイクロソフトアイエムイー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サトヤ・ナデラの関連情報