電子工学(読み)でんしこうがく(英語表記)electronics

翻訳|electronics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子工学
でんしこうがく
electronics

電気工学のうち電子現象を応用した分野,すなわち真空管の中での電子流の制御,トランジスタなどの固体素子中の電子流の制御,そのほか圧電効果,磁歪効果などを組合せて得られる技術をさす。その成果はラジオ,テレビ,オーディオ装置,テープレコーダ,電子式計測器,自動制御装置,コンピュータ,通信機などに具体化され,時代とともにその性能の向上はめざましいものがある。この分野は,第2次世界大戦中のレーダなどの開発に伴って急速に進歩し,戦後の固体物性物理学の発達によって近代技術の花形となった。一方,マイクロ波技術の向上によって,レーザーなどの量子エレクトロニクスの分野が開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

でんしこうがく【電子工学】

電子の運動による現象やその応用を研究する学問。半導体・磁性体などを用いる科学技術の基礎研究を広くいう。エレクトロニクス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でんし‐こうがく【電子工学】

〘名〙 電子の運動による現象やその応用技術などを研究する工学の一分野。真空管、半導体磁性体などを用いる産業技術の基礎となる。エレクトロニクス。〔百万人の科学(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の電子工学の言及

【エレクトロニクス】より

…電子工学ともいう。トランジスター,電子管,レーザーなどのように電子のもつ運動エネルギー,位置エネルギーなどを利用して電気信号の発生,増幅,制御を行う素子,いわゆる電子デバイスを中心とする工学の一分野をエレクトロニクスと呼ぶ。…

※「電子工学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電子工学の関連情報