サナチア(英語表記)Sanacja; Sanitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サナチア
Sanacja; Sanitation

綱紀粛正党の意。両世界大戦間におけるポーランドの政治運動。 1923~26年政治的,社会経済的,道徳的浄化を宣伝。 26年5月 J.ピウスツキクーデターによって与党となる。左派からファッショ的なグループまでを網羅した寄合い所帯で,主たる政治組織は初め政府協賛無党派ブロック BBWR,のち国民統一陣営 OZN。選良による権威主義的支配,強力な行政権の確立,市民の政治的権利の制限などを主張した。経済への国家介入,労働運動弾圧,少数民族迫害,親ドイツ,イタリア外交政策などを実施。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android