浄化(読み)ジョウカ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐か〔ジヤウクワ〕【浄化】

[名](スル)
きれいにすること。清浄にすること。「空気を浄化する」
心身の罪やけがれを取り除くこと。社会の悪弊などを除いて、あるべき状態にすること。「腐敗した政治を浄化する」
ある地域から他民族を排し、民族構成を単一化すること。→民族浄化
カタルシス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうか【浄化】

( 名 ) スル
汚れを取り除いて、きれいにすること。 「川の水を-する」
悪弊・罪・心のけがれなどを取り除き、正しいあり方に戻すこと。 「社会を-する」
カタルシスに同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐か ジャウクヮ【浄化】

〘名〙
① きれいにすること。汚濁した水や空気などの汚れを除去して清浄にすること。〔近代語新辞典(1923)〕
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉モダーンを語る「此の沈澱した空気を浄化するオゾンを与へるのはモダーンである」
② 心のけがれ・罪・害悪などを除いて正常にすること。悪弊をあらためて正しい状態にすること。また、欲望などの束縛をはなれて神聖にすること。
※桐畑(1920)〈里見弴〉天変地異「この涙で何もかも、〈略〉浄化(ジャウクヮ)される、と云ふやうな」
③ =カタルシス
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉計算読書法「人間を害うかもしれぬ危険な感情を浄化し、その後に悪影響を及ぼすことがないようにしてしまう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄化の関連情報