浄化(読み)ジョウカ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐か〔ジヤウクワ〕【浄化】

[名](スル)
きれいにすること。清浄にすること。「空気を浄化する」
心身の罪やけがれを取り除くこと。社会の悪弊などを除いて、あるべき状態にすること。「腐敗した政治を浄化する」
ある地域から他民族を排し、民族構成を単一化すること。→民族浄化
カタルシス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうか【浄化】

( 名 ) スル
汚れを取り除いて、きれいにすること。 「川の水を-する」
悪弊・罪・心のけがれなどを取り除き、正しいあり方に戻すこと。 「社会を-する」
カタルシスに同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浄化の関連情報