浄化(読み)じょうか

精選版 日本国語大辞典「浄化」の解説

じょう‐か ジャウクヮ【浄化】

〘名〙
① きれいにすること。汚濁した水や空気などの汚れを除去して清浄にすること。〔近代語新辞典(1923)〕
※読書放浪(1933)〈内田魯庵モダーンを語る「此の沈澱した空気を浄化するオゾンを与へるのはモダーンである」
② 心のけがれ・罪・害悪などを除いて正常にすること。悪弊をあらためて正しい状態にすること。また、欲望などの束縛をはなれて神聖にすること。
※桐畑(1920)〈里見弴天変地異「この涙で何もかも、〈〉浄化(ジャウクヮ)される、と云ふやうな」
③ =カタルシス
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉計算読書法「人間をうかもしれぬ危険な感情を浄化し、その後に悪影響を及ぼすことがないようにしてしまう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浄化」の解説

じょう‐か〔ジヤウクワ〕【浄化】

[名](スル)
きれいにすること。清浄にすること。「空気を浄化する」
心身の罪やけがれを取り除くこと。社会の悪弊などを除いて、あるべき状態にすること。「腐敗した政治を浄化する」
ある地域から他民族を排し、民族構成を単一化すること。→民族浄化
カタルシス
[類語]清める純化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android