サニタイジング

ASCII.jpデジタル用語辞典「サニタイジング」の解説

サニタイジング

消毒」「無害にする」という意味の英語。Webサイトの入力フォームの内容をチェックして、HTMLタグやJavaスクリプトSQLコードなどを別の文字に置き換えること。掲示板などの入力フォームに悪意のあるHTMLタグやスクリプトを入力して、Webページの改ざんや閲覧者を攻撃するクロス・サイト・スクリプティングへの対策に使われる。また、悪意がない場合も、HTMLタグやスクリプトと解釈される記号が入力されると、ページのレイアウトが崩れたり、正常に動作しない、といったエラーの原因になる。こうしたトラブルを回避するため、入力された内容をチェックして、タグやスクリプトと認識される特殊記号を別の文字列に置換する。Webアプリケーション開発では、サニタイジング処理が必須となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

情報セキュリティ用語辞典「サニタイジング」の解説

サニタイジング

クロスサイト・スプリクティングの 対策の1つ。入力データからHTMLタグやJavaScript、SQLなどの文字列を取り出し、置き換えを行い、入力データを無害化する処理のこと。入力フォームを持つWebサイトでは重要なセキュリティ対策である。IPAでは「サニタイジングのタイミングとしてはデータ入力時ではなくHTML生成時を推奨」としている。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android