サバチエ=サンドラン還元(読み)サバチエ=サンドランかんげん(英語表記)Sabatier-Senderens reduction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバチエ=サンドラン還元
サバチエ=サンドランかんげん
Sabatier-Senderens reduction

接触還元法の1つ。不飽和化合物を高温のニッケル触媒上を水素ガスとともに通過させ,気相で水素化する方法。フランスの P.サバチエと J.B.サンドランが 1897年に発見し,一般の接触還元法開発のきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android