コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバチエ=サンドラン還元 サバチエ=サンドランかんげんSabatier-Senderens reduction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバチエ=サンドラン還元
サバチエ=サンドランかんげん
Sabatier-Senderens reduction

接触還元法の1つ。不飽和化合物を高温のニッケル触媒上を水素ガスとともに通過させ,気相で水素化する方法。フランスの P.サバチエと J.B.サンドランが 1897年に発見し,一般の接触還元法開発のきっかけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android