コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気相 キソウ

デジタル大辞泉の解説

き‐そう〔‐サウ〕【気相】

物質が、気体の状態にある。→4

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きそう【気相】

気体からできている相。気体状態にある相。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の気相の言及

【相】より

…明確な境界によって他の部分と物理的に区別できる物質系の均質な部分を相といい,その部分が,気体,液体,固体であるのに対応して,それぞれ気相,液相,固相と呼ばれる。二つ以上の気相が共存することはなく,また純粋な物質ではヘリウムを除いては二つの液相が共存することはない。…

※「気相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

気相の関連キーワードエクスナーの法則(液体中の気泡運動)ヴァールブルク効果(光合成)ワールブルク効果(光合成)サバチエ=サンドラン還元有機金属化学気相反応法イオンプレーティングアトモジェネティックガスフラッシュ包装有機金属気相成長法カレンダーの方程式有機金属化学蒸着法化学気相成長法フラッシュ蒸留有機金属CVD化学気相蒸着法化学気相堆積法ヘンリーの法則化学気相反応法セミョーノフ脱ガス化作用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android