コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サバテサイクル サバテサイクル Sabathé cycle

1件 の用語解説(サバテサイクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サバテサイクル
サバテサイクル
Sabathé cycle

高速ディーゼル機関の理論基本サイクル。合成サイクル,複合サイクル,二重燃焼サイクルとも呼ばれる。供給熱量の一部を等容のもとで,残りを等圧のもとで供給するもので,その他はディーゼルサイクルと同様である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサバテサイクルの言及

【内燃機関】より

…図1-bの定圧サイクル(定圧燃焼サイクル)は一定圧力の下で加熱が,また一定容積の下で冷却が行われ,圧縮と膨張が断熱的に行われるもので,ディーゼルサイクルとも呼ばれ,初期のディーゼルエンジンの基礎サイクルともいえるものである。図1-cの複合サイクル(複合燃焼サイクル)は定容サイクルと定圧サイクルの複合したもので,サバテサイクルとも呼ばれ,今日のガソリンエンジン,ディーゼルエンジンともこの複合サイクルにもっとも近い。これらの熱力学上のサイクルの形により,機関が1サイクルごとに理論的になしうる仕事および熱効率が決まる。…

※「サバテサイクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サバテサイクルの関連キーワードディーゼル機関ディーゼル機関車ディーゼルエンジン二サイクル機関四サイクル機関ディーゼル排気微粒子ディーゼルハンマー低速ディーゼルエンジン2サイクルディーゼルエンジン4サイクルディーゼルエンジン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone