サブハー(英語表記)Sabhāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サブハー
Sabhāh

リビア南西部,フェザーン地方西部の都市。トリポリ南南東約 610km,オアシス地帯に位置する。 11世紀以降,地中海沿岸から内陸部への隊商路が開かれていた。現在はトリポリからのバスの終着点で,さらにチャド,ニジェール,マリにいたる自動車道の分岐点でもある。空港もある。近くにある旧イタリアのエレナ砦は現在,事務所,商店,病院に使用されている。ナツメヤシの栽培が盛んで,その荷造り工場もある。ほかに雑穀,野菜を栽培する。人口約3万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android