コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブハー Sabhāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サブハー
Sabhāh

リビア南西部,フェザーン地方西部の都市。トリポリ南南東約 610km,オアシス地帯に位置する。 11世紀以降,地中海沿岸から内陸部への隊商路が開かれていた。現在はトリポリからのバスの終着点で,さらにチャド,ニジェール,マリにいたる自動車道の分岐点でもある。空港もある。近くにある旧イタリアのエレナ砦は現在,事務所,商店,病院に使用されている。ナツメヤシの栽培が盛んで,その荷造り工場もある。ほかに雑穀,野菜を栽培する。人口約3万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サブハーの関連キーワードビル ラズウェルビラーク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android