コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サブマリン特許 さぶまりんとっきょ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

サブマリン特許

対象となる技術が世間に広く利用されるようになってから、狙いすましたように成立する特許のこと。それを楯に権利侵害を訴え、多額のロイヤリティを要求する。出願案件が非公開で、審査期間に関わらず成立から17年間有効となるアメリカ特許制度逆手にとった手口。出願者は案件の修正を繰り返すなど、わざと特許の成立を遅らせ、対象となる技術が世に出たところで、特許を成立させる。そのやり方を「潜水艦」にたとえて、「サブマリン特許」と呼ばれる。1995年にアメリカの特許制度が改正されたが、改正以前のものは適用されないため、まだ危惧が残っている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サブマリン‐とっきょ〔‐トクキヨ〕【サブマリン特許】

submarine patent》出願されていることが知られていない特許。アメリカ特許法が出願内容を特許成立時まで公表しないために生じる。潜水艦特許

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サブマリン特許の関連キーワード実体特許法条約先発明主義事業リスク先願主義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android