サプライチェーンマネージメント(読み)さぷらいちぇーんまねーじめんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SCM(Supply Chain Management)の略称を用いることも多い。取引先との間の受発注、資材調達から在庫管理、製品の配送まで、いわば事業活動の川上から川下までをコンピューターを使って総合的に管理する経営手法。効率的な経営で余剰在庫を削減し、コストを引き下げる効果があるとされる。高度化されたIT技術により、素材調達から商品の配送を含めた物流全体までをネットワーク化、これまでは分断されていた各部門の情報を共有し、無駄を極力省いた経営管理を行なう。製品・部品などの在庫量の削減や、出荷までのリードタイム短縮などに効果を発揮する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android