コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラシナショウマ(晒菜升麻) サラシナショウマCimicifuga simplex

2件 の用語解説(サラシナショウマ(晒菜升麻)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラシナショウマ(晒菜升麻)
サラシナショウマ
Cimicifuga simplex

キンポウゲ科の多年草で,アジア東部の冷温帯に広く分布する。日本全土の山地の樹下や草原に生える。高さ 1mにも達する。葉は3出を2,3回繰返す大型の複葉で,長い柄をもって互生する。葉柄のつけ根は膜質になって幅が広がり,茎を抱いている。7~8月,茎頂に長さ 20cmもの花穂を出し,多数の白色小花を密につける。個々の花には短柄があり,花弁は白い線形で早く散るが,多数あるおしべが白い糸状に残って瓶洗いのブラシのようにみえる。果実は袋果である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サラシナショウマ【サラシナショウマ(晒菜升麻) bugbane】

山地の草原や林縁,まばら落葉樹林のなかなどに生えるキンポウゲ科の大型の多年草(イラスト)。高さ1.5mに達する。よく発達した根茎があり,少数の根生葉をつける。根生葉と下部の茎葉は大型で,ふつう3回3出複葉,小葉は卵形で先がとがり,鋸歯がある。夏から秋にかけて,総状花序に多数の白色の花を密につける。萼片は4~5枚,長さ4~5cmで,早く落ちる。花弁は2~3枚で,萼片よりやや短く,先が2裂する。おしべは多数,白色で,萼片より長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone