コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラテ サラテZárate

1件 の用語解説(サラテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラテ
Zárate

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州北東部の都市。首都ブエノスアイレスの北西約 80kmにあり,パラナ川最下流部南岸の分流パラナデラスパルマス川にのぞむ。 1825年建設。肥沃な農牧地帯を背後に控え,その商業中心地として小麦,アルファルファ,アマ,ジャガイモ,家畜などを集散するほか,工業が発達し,食肉,製紙,乳製品などの工場がある。従来,首都から北へ向う鉄道はこの市でフェリーに接続し,パラナ川三角州を横切る水路を経てパラナ川北岸のイビクイへいたっていたが,1978年に同三角州を横断してこの市とブラソラルゴを結ぶ鉄道・道路橋 (トンネルを含む) が完成した。人口6万 7143 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラテの関連情報