サラマンカ県(読み)サラマンカ(英語表記)Salamanca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラマンカ〔県〕
サラマンカ
Salamanca

スペイン北西部,カスティリア・レオン自治州南西部の県。ポルトガルと国境を接する。県都サラマンカ。県域はほとんどが典型的なメセタ地形で,北西にドーロ川が南西流し,南をガタ山脈がかぎる。乾燥した気候であるが,サトウダイコンオオムギなど野菜の栽培が盛んで,畜産も行なわれ,闘牛用のウシも産出する。シウダードロドリゴ,織物工場の集中するベハルなどの都市がある。面積 1万2350km2。人口 35万1326(2007推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android