コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラマ Salamá

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラマ
Salamá

グアテマラ中南部の都市。バハベラパス県の県都。首都グアテマラ市の北北東約 70km,チュアクス,ラスミナス両山脈の間の標高約 920mの地にあり,チホイ川支流サラマ川にのぞむ。周辺の農牧地帯の中心地で,サトウキビ,コーヒー,オリーブ,家畜などを集散する。グアテマラ市と道路で連絡。人口1万 1432 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サラマの関連キーワードミゲール・デ ウナムーノ・イ・フーゴフアン・アントニオ スンスネギルイス マルティン・サントスカスティリア・レオン自治州イグナティウス・デ・ロヨラサンエステバン修道院サラマンカプレースシウダードロドリゴフアン・デ・アビラサラマンカ新大聖堂サラマンカ旧大聖堂ミシェル サルガドサラマンカ旧市街フィンランド文学ヨーロッパイモリボローニャ大学A. スアレスサラマンカ大学サッファーフサラマンダー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サラマの関連情報