サラーマ・ムーサー(英語表記)Salāma Mūsā

世界大百科事典 第2版の解説

サラーマ・ムーサー【Salāma Mūsā】

1887‐1958
20世紀初めのエジプトの親西欧派知識人。エジプト最初のフェビアン社会主義者として知られ,人間にとっての世俗的・科学的知識の重要性を唱えた。《超人序説》(1910)執筆を皮切りに,エジプト・ジャーナリズムで精力的に活躍。《ヒラール》など1920‐30年代の主要雑誌の編集や執筆を通じて,西欧の思想家を広く紹介するとともに,封建的地主層の専横と抑圧糾弾の論陣を張った。エジプト社会党やエジプト科学教育協会の結成に参画し,またムスリム主導の民族政党ワフド党にコプト教徒として積極的にかかわった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android