コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルセン石 サルセンせき sarsens, sarsen stones

1件 の用語解説(サルセン石の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

サルセン石

サルセン石は英国中南部に多数見られる砂岩の大きな塊をいい,浸食された第三紀層の遺物と推定されている[ランダムハウス : 1994].この語は英国南部で用いられている名称で,硬い珪化した砂岩が大きな柱状の塊となったものの記述に用い,これは第三紀のReading層および上部Bagshot層に産出する.これらの塊は白亜紀のチョークの表面から下方に散在して産出している.これらは石柱群(stonehenge)や英国エーブベリー(Avebury)村などの先史時代環状列石などの構築に使用された.この名称の由来は不明瞭となったが,様々な起源があるらしい[Arkell & Tomkeieff : 1953, Wells & Kirkaldy : 1951].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルセン石の関連キーワードウズラオクラホマ伽倻山ケンタッキー四川ナショナルセンター海緑石砂岩含銅砂岩ヒースストーンヒーセン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone