環状列石(読み)かんじょうれっせき(英語表記)stone circle; cromlech

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環状列石
かんじょうれっせき
stone circle; cromlech

環状石籬ともいう。巨石記念物の一つで,自然石を環状に並べたもの。ヨーロッパでは新石器時代から鉄器時代にかけてのものが多くみられ,著名なものとしてイギリスのストーンヘンジがある。太陽崇拝に関係ある祭祀遺跡ともいわれ,また墳墓に関係するものもあるといわれる。日本では直径 10~30mの円形に立石を並べてあるものから,直径1~2mの小さいものまでを含めている。北海道の忍路環状石籬,秋田の大湯環状列石は有名。年代は明らかではないが,発見される遺物から判断すると,縄文時代後期あるいはその流れをくむ文化の所産であろうと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

環状列石【かんじょうれっせき】

東日本を中心に分布する種々の石造遺構の総称。高さ1m前後の自然石多数を環状に配置したものや,小規模な石造遺構を多数連続させて大きな環状に配置したものなどがあり,縄文(じょうもん)時代の墓葬の遺構と考えられている。なお以前はストーン・サークルの訳語として使用された。
→関連項目伊勢堂岱遺跡大湯環状列石忍路土場遺跡祭祀遺跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんじょうれっせき【環状列石】

新石器時代の遺構。立石などを直径数十メートルの円環状に並べたもの。日本では東北・北海道にみられる。ストーン-サークル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじょう‐れっせき クヮンジャウ‥【環状列石】

〘名〙 巨石記念物の一つ。円形に石をならべた新石器時代の遺跡。イギリス、フランスに多く、日本でも北海道の忍路(おしょろ)、音江、秋田県大湯にある。ストーンサークル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の環状列石の言及

【祭祀遺跡】より

…その代表例とされるイギリスのストーンヘンジや3000本近い立石を列に並べたフランスのカルナック列石(クロムレクcromlech)は,ともに太陽崇拝との関連が論じられている。 農耕祭祀とのかかわりとは無縁だが,日本の縄文文化にも環状列石(ストーン・サークル)がある。石塊を用いたもの(秋田県大湯遺跡),立石をめぐらしたもの(小樽市忍路(おしよろ)三笠山)がある。…

【ストーン・サークル】より

巨石記念物の一種。環状列石あるいは環状石籬(せきり)と訳される。柱状の自然石を立て並べて環形としたもので,直線状の列石(アリニュマン)とは区別される。…

※「環状列石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環状列石の関連情報