コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サルノ Sarno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サルノ
Sarno

イタリア南部,カンパーニア州サレルノ県,ナポリ東方約 30kmの町。 553年東ゴートの王テイアスがこの近くでビザンチンの将ナルセスに殺されたことで知られる。中世にはマラリアのため発展が妨げられ,多くの支配者の手に渡ったのち,ナポリ領となった。穀物,果物,ワインを産する。近くに鉱泉がある。人口2万 7816 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サルノの関連キーワード那須ワールドモンキーパークハッサル銚子渓自然動物園お猿の国日本モンキーセンターリバーサルフィルム胸腺上皮角化小体ブクサールの戦いポケットモンキー白色硫酸鉛化リバーサル蘿蔔金花虫深山木天蓼ボリシャル胸腺小体猿金花虫赤毛獮猴杉葉亜麻モンキー獅子尾猿シアルマ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android