コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱泉 こうせんmineral spring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱泉
こうせん
mineral spring

湧泉中に鉱物性物質,放射性物質などを含有するもの。鉱泉という概念には温泉も含まれる。第2次世界大戦前には一般に体温より高いか低いかにより温泉と鉱泉を区別して呼称していたが,1948年の温泉法施行後はその区別もなくなった。しかし,泉温が 25℃以下の場合,冷泉と呼んで温泉と区別するのが普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐せん〔クワウ‐〕【鉱泉】

地中から湧出する水で、固形物質やガス状物質などを一定以上含むか、湧出時の水温が一定以上のもの。広義には温泉冷泉との総称であるが、狭義には冷泉をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鉱泉【こうせん】

温泉とほぼ同義であるが,水蒸気などのガス体は含めない。かつては冷泉(25℃より低温の温泉=冷鉱泉)と同じ意味で使用されていた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうせん【鉱泉】

鉱物成分・ガス・放射性物質などを一定量以上含んでいる湧き水の総称。一般に、水温摂氏25度以上のものを温泉、未満のものを冷泉とする。狭義には冷泉をいう。 → 温泉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱泉
こうせん

通俗的には、温かくはないが鉱物質を多く溶かしている水が地下から湧出(ゆうしゅつ)してくるものをいう。一方、環境省自然環境局の定める鉱泉分析法指針では、地中から湧出する水が多量の固形物質、またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、あるいは泉温が周囲の年平均気温よりも著しく高いものを鉱泉と定義している。また温泉法では、鉱泉のほか、地中より湧出する水蒸気およびその他のガスを包含して温泉と定義している。日本の各地にある○○鉱泉とよばれるものは、最初に述べた通俗的な意味で名づけられたものである。[湯原浩三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鉱泉の言及

【温泉】より

…地球内部の熱により温められた地下水の自然にわき出る現象が温泉である。成分に着目すれば無機物質を多量に溶かしている泉水を鉱泉と総称し,そのうち温度が比較的高いものを温泉,冷たいものを冷鉱泉と呼ぶ。 日本の温泉法(1948制定)では,温泉を,地中から湧出する温水,鉱水および水蒸気,その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で,表1の温度または物質(いずれか一つ)を有するものと規定している。…

※「鉱泉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鉱泉の関連キーワードヘップバーンスプリングスシュバルツバルトバルネオセラピーアクラトサームス二酸化炭素泉山本為三郎アルカリ泉ラジウム泉いそべ煎餅旅がらす沸かし湯黒山温泉磯部煎餅磯部温泉綱島温泉重曹泉単純泉食塩泉酸性泉沸し湯

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鉱泉の関連情報