コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サワーキン Sawākin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サワーキン
Sawākin

スーダン北東部,カッサラー州紅海にのぞむ旧主要港。サンゴ礁の島にあり,本土との連絡は堤道による。 12世紀に北方にあったアイドハブ港に対抗して構築され,1428年アイドハブが破壊されてからは,紅海のアフリカ沿岸随一の奴隷,金,象牙の取引港として,またメッカへの巡礼連絡港として栄えた。 16世紀トルコに支配されてから衰え,1821年エジプトに租借されたが,サンゴ礁の増大で危険になったため,1922年以来,海港としての役割は北方 60kmのポートスーダンに奪われた。人口約 4000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android