コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッサラー州 カッサラーKassalā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッサラー〔州〕
カッサラー
Kassalā

スーダン北東部の州。北はエジプト,南東部はエチオピアと国境を接する。州都はカッサラー。州の北東部は,スーダンで唯一の海岸線で,紅海に面している。北部は,狭い海岸平野を除き,紅海丘陵地帯 (標高 1000~2000m) で,その西はナイル川までヌビア砂漠が広がっている。南東部はエチオピアの丘陵地帯に連なり,中央部と南部は平原。気候は暑く,砂嵐が多く,年降水量は南のカラーバートで 1000mm,北のポートスーダンではわずか 100mmにすぎない。住民には遊牧民が多く,都市人口は約 20%。主要都市は,州都をはじめ,ポートスーダン,アロマ,スアキン,カダーリフなど。灌漑によりワタや穀類が栽培され,鉱業や漁業も行われる。新石器時代の遺跡が多い。面積 33万 4074km2。人口 220万 8209 (1983) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カッサラー州の関連キーワードワディハルファサワーキン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android