コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンガバドラ Sṃghabhadra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンガバドラ
Sṃghabhadra

4~5世紀頃のインドの仏教僧。僧加跋陀羅と音写,漢訳名衆賢として知られる。説一切有部立場の人で,バスバンドゥ (→世親 ) が説一切有部教理を批判的に扱いながら著わした『倶舎論』に対して,これを論難する立場で『阿毘達磨順正理論』『阿毘達磨顕宗論』を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のサンガバドラの言及

【衆賢】より

…インド仏教の一学派である説一切有部(せついつさいうぶ)の学僧。サンスクリット名はサンガバドラSaṃghabhadraで,僧伽跋陀羅(そうがばつだら)と音写されている。世親と同じ世代の人。…

※「サンガバドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android