コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世親 せしん Vasubandhu

6件 の用語解説(世親の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世親
せしん
Vasubandhu

[生]320頃
[没]400頃
インドの僧。天親 (てんじん) とも漢訳される。音写は婆藪槃豆などである。無着の弟。初め説一切有部で出家し,のち経量部を学んで『阿毘達磨倶舎論』を著わして大乗仏教を非難したが,兄のすすめで改宗して大乗教をたたえるようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せしん【世親】

《〈梵〉Vasubandhuの訳》4~5世紀ごろの北インドの僧。小乗を修め「倶舎論」を著したが、兄の無著(むじゃく)に従って大乗に転じた。瑜伽唯識(ゆがゆいしき)思想を主張し、「唯識二十論」「唯識三十頌」を著す。著作が多く、千部の論主(ろんじゅ)といわれた。天親(てんじん)。バスバンドゥ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

世親【せしん】

5世紀のインドの学僧。サンスクリット名バスバンドゥVasubandhuの漢訳で,旧訳では天親(てんじん)。プルシャプラの出身。初め小乗仏教の立場にあり《倶舎論(くしゃろん)》などを著した。
→関連項目運慶浄土教浄土宗ディグナーガ曇鸞仏教法相宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せしん【世親】

5世紀ころのインドの仏教学者。世親はバスバンドゥVasubandhuの訳。天親(てんじん)ともいう。《婆藪槃豆法師伝》によると,プルシャプラ(現,ペシャーワル市)でバラモンの第2子として生まれ,出家して小乗の説一切有部(有部(うぶ))の僧となった。アヨーディヤーで師のブッダミトラがサーンキヤ派の外道に論破されたため,《七十真実論》をつくってサーンキヤ派の教義を論破しかえし,それによってビクラマーディティヤ王から賞金を得,その金でアヨーディヤーに三つの寺を建てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せしん【世親】

四世紀頃インド大乗仏教の唯識派の祖師。初め小乗仏教を研究し「俱舎論」を著したが、兄の無著むじやくの指導で大乗仏教に転じた。著「唯識三十頌」「摂大乗論釈」「十地経論」「浄土論」など。天親てんじん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世親
せしん

400~480年ごろ(または320~400年ごろ)の中期仏教の大学者。原名はバスバンドゥVasubandhu。天親(てんしん)とも訳す。当時インドの北西部ガンダーラのペシャワルの出身。部派仏教のうちで最大の学派であり保守派を代表した説一切有部(せついっさいうぶ)と、同系から分派した経量部(きょうりょうぶ)とに学び、それらを名著『阿毘達磨倶舎論(あびだつまくしゃろん)』(『倶舎論』と略称)に示す。この書は、部派仏教の中心になる諸思想(仏教哲学や世界観など)を実に手際よくまとめた仏教のもっとも基本的な綱要書であり、インド、中国、日本で広く読まれて今日に至る。のち兄のアサンガAsaga(無著(むじゃく))に誘われて大乗仏教に転向すると、マイトレーヤMaitreya(弥勒(みろく))からアサンガに受け継がれて確立した唯識(ゆいしき)思想を、世親は『唯識二十論』と『唯識三十頌(じゅ)』とに結集した。唯識は略言すれば、純粋な精神作用に、対象を含むいっさいのあり方を包括し、それまでの唯心論をさらに明確に組織的に示す。なお唯識はヨーガの実践に支えられるので、瑜伽行(ゆがぎょう)派ともよばれる。唯識の伝統はインド、チベットのほか、中国および日本で法相(ほっそう)宗として発展し、とくに学問的精密を誇る。世親の著書には、さらに『大乗成業論(じょうごうろん)』『大乗五蘊論(ごうんろん)』ほかがあり、『仏性論(ぶっしょうろん)』『大乗百法明門論(ひゃくほうみょうもんろん)』もその著とされる。そのほか、中期大乗の主軸となるもっとも重要な諸論書や、主要な多くの経典に対し、優れた注釈書を多数著している。[三枝充悳]
『三枝充悳著『ヴァスバンドゥ』(『人類の知的遺産14』1983・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の世親の言及

【阿毘達磨俱舎論】より

…インドの仏教論書。世親(バスバンドゥ,5世紀ころの人)著。サンスクリット名アビダルマコーシャバーシャAbhidharmakośabhāṣya。…

【部派仏教】より

…代表的な部派としては,西北インドに栄えた説一切有(せついつさいう)部,中西インドの正量(しようりよう)部,西南インドの上座部(以上,上座部系),南方インドの大衆部などが挙げられる。大乗仏教から特に攻撃対象とされたのは説一切有部であり,後に大乗に転向した無著(むぢやく),世親の兄弟は,初めこの部派に属していた。スリランカに伝えられた上座部は,特に〈南方上座部〉と呼ばれ,ミャンマー,タイ,カンボジアなどの東南アジア諸国に伝播し今日にいたっている。…

【無著】より

…父はカウシカKauśika(憍尸迦),母はビリンチViriñci(比隣持),兄弟3人のうちの長男であった。次男には説一切有部(せついつさいうぶ)から唯識派に転向して大成したバスバンドゥ(世親)がいる。初め部派(小乗)仏教の化地部(けじぶ)(一説には説一切有部)において出家し,瞑想に基づく欲望からの離脱法を修得した。…

※「世親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世親の関連キーワード倶舎論西域仏教ダルマキールティバーダラーヤナ難陀北伝仏教高橋壮平川彰松本文三郎阿毘達磨俱舎論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世親の関連情報