コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世親 せしんVasubandhu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世親
せしん
Vasubandhu

[生]320頃
[没]400頃
インドの僧。天親 (てんじん) とも漢訳される。音写は婆藪槃豆などである。無着の弟。初め説一切有部で出家し,のち経量部を学んで『阿毘達磨倶舎論』を著わして大乗仏教を非難したが,兄のすすめで改宗して大乗教をたたえるようになる。部派仏教に関する著書 500部,大乗に関するもの 500部といわれ,千部の論主と称される。有名な著書には『倶舎論』のほかに『弁中辺論』『唯識三十頌』『摂大乗論釈』などがある。無着,世親の大乗仏教は瑜伽行派と呼ばれ,龍樹,提婆の中観派とともにインド大乗仏教の二大主流となって,中国や日本に広く流伝した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せしん【世親】

《〈梵〉Vasubandhuの訳》4~5世紀ごろの北インドの僧。小乗を修め「倶舎論」を著したが、兄の無著(むじゃく)に従って大乗に転じた。瑜伽唯識(ゆがゆいしき)思想を主張し、「唯識二十論」「唯識三十頌」を著す。著作が多く、千部の論主(ろんじゅ)といわれた。天親(てんじん)。バスバンドゥ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

世親【せしん】

5世紀のインドの学僧。サンスクリット名バスバンドゥVasubandhuの漢訳で,旧訳では天親(てんじん)。プルシャプラの出身。初め小乗仏教の立場にあり《倶舎論(くしゃろん)》などを著した。
→関連項目運慶浄土教浄土宗ディグナーガ曇鸞仏教法相宗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せしん【世親】

5世紀ころのインドの仏教学者。世親はバスバンドゥVasubandhuの訳。天親(てんじん)ともいう。《婆藪槃豆法師伝》によると,プルシャプラ(現,ペシャーワル市)でバラモンの第2子として生まれ,出家して小乗の説一切有部(有部(うぶ))の僧となった。アヨーディヤーで師のブッダミトラがサーンキヤ派の外道に論破されたため,《七十真実論》をつくってサーンキヤ派の教義を論破しかえし,それによってビクラマーディティヤ王から賞金を得,その金でアヨーディヤーに三つの寺を建てた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せしん【世親】

四世紀頃インド大乗仏教の唯識派の祖師。初め小乗仏教を研究し「俱舎論」を著したが、兄の無著むじやくの指導で大乗仏教に転じた。著「唯識三十頌」「摂大乗論釈」「十地経論」「浄土論」など。天親てんじん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世親
せしん

400~480年ごろ(または320~400年ごろ)の中期仏教の大学者。原名はバスバンドゥVasubandhu。天親(てんしん)とも訳す。当時インドの北西部ガンダーラのペシャワルの出身。部派仏教のうちで最大の学派であり保守派を代表した説一切有部(せついっさいうぶ)と、同系から分派した経量部(きょうりょうぶ)とに学び、それらを名著『阿毘達磨倶舎論(あびだつまくしゃろん)』(『倶舎論』と略称)に示す。この書は、部派仏教の中心になる諸思想(仏教哲学や世界観など)を実に手際よくまとめた仏教のもっとも基本的な綱要書であり、インド、中国、日本で広く読まれて今日に至る。のち兄のアサンガAsaga(無著(むじゃく))に誘われて大乗仏教に転向すると、マイトレーヤMaitreya(弥勒(みろく))からアサンガに受け継がれて確立した唯識(ゆいしき)思想を、世親は『唯識二十論』と『唯識三十頌(じゅ)』とに結集した。唯識は略言すれば、純粋な精神作用に、対象を含むいっさいのあり方を包括し、それまでの唯心論をさらに明確に組織的に示す。なお唯識はヨーガの実践に支えられるので、瑜伽行(ゆがぎょう)派ともよばれる。唯識の伝統はインド、チベットのほか、中国および日本で法相(ほっそう)宗として発展し、とくに学問的精密を誇る。世親の著書には、さらに『大乗成業論(じょうごうろん)』『大乗五蘊論(ごうんろん)』ほかがあり、『仏性論(ぶっしょうろん)』『大乗百法明門論(ひゃくほうみょうもんろん)』もその著とされる。そのほか、中期大乗の主軸となるもっとも重要な諸論書や、主要な多くの経典に対し、優れた注釈書を多数著している。[三枝充悳]
『三枝充悳著『ヴァスバンドゥ』(『人類の知的遺産14』1983・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の世親の言及

【阿毘達磨俱舎論】より

…インドの仏教論書。世親(バスバンドゥ,5世紀ころの人)著。サンスクリット名アビダルマコーシャバーシャAbhidharmakośabhāṣya。…

【部派仏教】より

…代表的な部派としては,西北インドに栄えた説一切有(せついつさいう)部,中西インドの正量(しようりよう)部,西南インドの上座部(以上,上座部系),南方インドの大衆部などが挙げられる。大乗仏教から特に攻撃対象とされたのは説一切有部であり,後に大乗に転向した無著(むぢやく),世親の兄弟は,初めこの部派に属していた。スリランカに伝えられた上座部は,特に〈南方上座部〉と呼ばれ,ミャンマー,タイ,カンボジアなどの東南アジア諸国に伝播し今日にいたっている。…

【無著】より

…父はカウシカKauśika(憍尸迦),母はビリンチViriñci(比隣持),兄弟3人のうちの長男であった。次男には説一切有部(せついつさいうぶ)から唯識派に転向して大成したバスバンドゥ(世親)がいる。初め部派(小乗)仏教の化地部(けじぶ)(一説には説一切有部)において出家し,瞑想に基づく欲望からの離脱法を修得した。…

※「世親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世親の関連キーワード無量寿経優婆提舎願生偈妙法蓮華経憂波提舎倶舎論・俱舎論サンガバドラ無着・世親像十字の名号浄土八祖成唯識論十地経論浄土論註弘経大士往生論註菩提流支正信偈地論宗五念門仏性論浄土論唯識派摂論宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

世親の関連情報