サンガ川(読み)サンガがわ(英語表記)Sangha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンガ川
サンガがわ
Sangha

アフリカ大陸中西部の川。コンゴ川の支流。中央アフリカ共和国北西部のカレ山地に源を発するマンベレ川,カデイ川がノラで合流してサンガ川となり,225km南流してカメルーンとの国境を形成しながらコンゴ共和国に入り,ウエソーを経てほぼ南南東に 362km流れ,ロケレラ付近でコンゴ川に注ぐ。ウエソー下流は一年中航行可能,ノラまでは渇水期以外は航行可能で,河川運輸路として重要。川の流れる 3ヵ国の隣接する国立公園を含む 7500km2の区域が,2012年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android