サンガ川(読み)サンガがわ(英語表記)Sangha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンガ川
サンガがわ
Sangha

アフリカ大陸中西部の川。コンゴ川の支流。中央アフリカ共和国北西部のカレ山地に源を発するマンベレ川,カデイ川がノラで合流してサンガ川となり,225km南流してカメルーンとの国境を形成しながらコンゴ共和国に入り,ウエソーを経てほぼ南南東に 362km流れ,ロケレラ付近でコンゴ川に注ぐ。ウエソー下流は一年中航行可能,ノラまでは渇水期以外は航行可能で,河川運輸路として重要。川の流れる 3ヵ国の隣接する国立公園を含む 7500km2の区域が,2012年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android