のら(読み)ノラ

デジタル大辞泉の解説

のら

仕事もしないで遊び暮らすこと。また、その人。怠け者。放蕩(ほうとう)者。どら
「些異(ちとかわ)って居た偏屈者、それが此頃のような―になって仕舞うたは」〈露伴・椀久物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のら

なまけること。また、なまけ者。のらくら。 「この半七の大-めは、帳面も埒らち明けず/浄瑠璃・長町女腹切
酒や女遊びなどにふけって身持ちがよくないこと。また、その人。遊蕩ゆうとう。放蕩。どら。 「のんこに髪結うて-らしい、達衆だてしゆ自慢といひそな男/浄瑠璃・天の網島

のら

( 接尾 )
〔上代語〕
人を表す語に付いて、親愛の意を表す。 「水鳥の立たむ装ひに妹-に物言はず来にて思ひかねつも/万葉集 3528

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のらの関連情報