コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンゴヤドリガニ Hapalocarcinus marsupialis; gall-forming crab; coral-inhabiting crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンゴヤドリガニ
Hapalocarcinus marsupialis; gall-forming crab; coral-inhabiting crab

軟甲綱十脚目サンゴヤドリガニ科 Cryptochiridae。太平洋インド洋サンゴ礁に分布するカニ。雌は甲長約 5mmで,ハナヤサイサンゴショウガサンゴ,トゲサンゴなど,樹枝状サンゴが枝の先につくったこぶの中で生活する。こぶには小さな穴がいくつか開いており,水が出入りするが,カニは出られない。雌の甲は丸みのある縦長の四角形で,やわらかく,なめらか。鋏脚,歩脚とも細い。成長した雌の腹部は袋状になる。雄は甲長 1mmほどで,自由生活。サンゴヤドリガニ科は約 45種知られているが,キクメイシなど,塊状サンゴに掘った穴の中にすむケブカサンゴヤドリガニ Cryptochirus coralliodytes のような種が多い。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サンゴヤドリガニの関連キーワードイシサンゴ甲類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android