コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節足動物 せっそくどうぶつ arthropod

翻訳|arthropod

7件 の用語解説(節足動物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

節足動物
せっそくどうぶつ
arthropod

節足動物門 Arthropodaとしてまとめられる種類の総称。甲殻類昆虫類クモ類などを含む最大の動物群。動物界の 4分の3,130万種以上を占めるといわれる。左右相称の体節制をもち,各節に原則として一対ずつの付属肢がつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっそく‐どうぶつ【節足動物】

動物界の一門。体はクチクラの外骨格に覆われ、成長にともなって脱皮をする。体節に分かれ、頭・胸・腹部があり、各節に付属肢が一対ずつつくのが原則。頭にはたいてい触角・目をもつ。全動物の4分の3近くの80万種以上を含み、昆虫甲殻類蛛形(ちゅけい)類唇脚類倍脚類剣尾類などに分けられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

節足動物【せっそくどうぶつ】

無脊椎動物の一門。体は多くの体節からなり,左右相称,一般に頭部,胸部,腹部が区別される。環形動物の体節制が特殊化してさまざまな器官を分化し,付属肢や外骨格が発達したものといえる。
→関連項目甲殻類

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

節足動物

 無脊椎動物の一門.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せっそくどうぶつ【節足動物】

動物分類学上,節足動物門Arthropodaを構成する動物群で,エビやカニ,昆虫,クモなどを含む。全動物門の中でもっとも種類が多く,100万種を超えるといわれる全動物のうちの3/4を占める。極地から熱帯,陸地,海洋を問わず,湿地,砂漠,高山,雪原,森林,原野,田畑,一時的な水たまり,湖沼,河川,土壌中,地下水にすみ,空中高く飛翔(ひしよう)し,人家に入り,動物の皮膚,体内に侵入したりもする。地球上のあらゆる環境に,それぞれに適応した節足動物を見ることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっそくどうぶつ【節足動物】

動物分類上の門の一。八〇万以上の種を含む最大の門。体は左右相称で、明瞭な体節制を示し、原則として各節に関節のある付属肢をもつ。体表は外骨格と呼ばれる硬いクチクラ層におおわれ、このため成長に伴って脱皮を行う。甲殻・昆虫・唇脚・結合・少脚・倍脚・蜘蛛・剣尾・皆脚などの綱を含む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物
せっそくどうぶつ

動物分類学上、一つの門Arthropodaとしてまとめられる動物群。エビやカニなどの甲殻類、クモやダニなどのクモ形類、膨大な種数の昆虫類などからなる大きな群で、脊椎(せきつい)動物と並んで地球上のあらゆる環境に広く分布して栄えている。全動物門のなかでもっとも種類が多く、全動物の4分の3で80万種以上といわれている。生活力も繁殖力も強く、個体数も著しく多い。[武田正倫]

体制

体は左右相称の体節からなり、各節に付属肢が1対ずつつくのが原則である。多数の体節からなる点はミミズやゴカイなどを含む環形動物門と類縁が深いが、環形動物ではほぼ同じ構造の体節が並んでいるのに対し(同規的体節制)、節足動物では体の部位によって体節の構造や機能が異なる(異規的体節制)。体は、頭、胸、腹の3部に分かれていることが多いが、頭胸部と腹部あるいは前腹部と後腹部などに分化する。体表にキチン質と、これに主として炭酸カルシウムを含んだ外骨格が発達している。体の屈伸を自由にするために、各体節は軟らかい節間膜でつながっている。体節数は8~180の幅があるが、体節の癒合がしばしばおこり、極端な例として、2節ずつ癒合して見かけ上1節から2対の歩脚が出ている倍脚類(ヤスデ類)があげられる。頭部は理論上6節からなる。第1節は付属肢を欠き、背面に目をもつ。第2節の付属肢は触角、第3節の付属肢は甲殻類に限って第2触角となるが、昆虫類や唇脚類(ムカデ類)、倍脚類などでは退化し、クモ形類(クモ類)でははさみ状の鋏角(きょうかく)となる。第4節の付属肢は、クモ形類は脚鬚(きゃくしゅ)、ほかはすべて大あごに分化し、食物をかみ砕く役目をする。第5、第6節の付属肢は一般に摂餌(せつじ)の補助をする第1、第2小あごであるが、クモ形類では第1、第2歩脚となる。
 頭部にある目は単眼と複眼で、共存することもある。単眼は正中線上に1個、あるいは正中線の左右に対(つい)をなして存在し、主として明暗を感受する。節足動物固有の構造である複眼は一般によく発達するが、特殊な生態をもつものでは二次的に退化している。複眼は1対で、頭部側面に位置する。多数の個眼の集合からなり、モザイク像を結ぶが、物の動きにはとくに敏感で、高等な動物群では色覚もあり、方向や距離の認識もできることが実験的に確認されている。
 胴部付属肢の数および形態は動物群ごとに多様に変化する。それらは基本的には運動器官であるが、昆虫類ではつねに3対、クモ形類では4対、倍脚類では各節2対ずつである。昆虫類やクモ形類の腹部は無肢であるが、胚(はい)期には痕跡(こんせき)がみられ、また昆虫類の生殖器、クモ形類の紡錘器は付属肢の変形と考えられる。甲殻類の付属肢は二叉(にさ)型で、付属肢の原型をとどめているが、二叉型は歩行よりも遊泳に適した形態である。
 体表を覆う外皮あるいは外骨格からは、棘(とげ)、突起、剛毛、柔毛などが発達して身を守るが、昆虫類では体壁の伸長に由来する2対のはねがあり、特異な運動器官となっている。[武田正倫]

体内器官

消化管は口に始まり、肛門(こうもん)に終わるが、口は上唇、大あご、下唇、小あご、あるいは鋏角や顎脚(がっきゃく)など付属肢に由来する口器に囲まれている。口に続いて胃臼(いきゅう)、砂嚢(さのう)、幽門胃を経て中腸に続くが、胃臼には内壁に歯状体があり、機械的消化を助ける。中腸には盲嚢が付属しており、複雑に分枝して消化、吸収、栄養分の貯蔵の役をするため、とくに肝膵臓(かんすいぞう)とよばれる。中腸に続く後腸もしばしば拡張部や付属腺(せん)を備える。筋肉はよく発達し、ほとんどは瞬発的な運動機能に適した横紋筋であるが、腸管と血管のみは持続性に優れた平滑筋層に囲まれている。
 呼吸器官は、水中生活種ではえら、陸上生活種は気管またはその分化した書肺である。えらは体壁に由来し、糸状、葉状、根状に分枝して表面積を広げている。昆虫類にみられる気管は、体壁が管状に陥入したものが網目状に分枝して体内諸器官の間に広がったもので、主管は体節ごとに気門によって外界に通じている。書肺はクモ形類に特有の構造で、腹面の陥入部に薄葉構造が積み重なったものである。
 開放血管系で、血管の発達はよくない。一般に体節ごとに心門を備える管状の心臓は高等なものほど短縮し、心門は1、2対になってしまう。血管の末梢(まっしょう)部は組織間隙(かんげき)に通じているが、そこを通過した静脈血はえらに流れて動脈血になって心臓を包む囲心腔(こう)に帰り、あるいは気管に流入する空気との間に直接ガス交換を行う。呼吸血素は一般にヘモシアニンである。
 排出器官は環形動物の体節器官の変形で、その数は1、2対に減っている。甲殻類の触角腺や小あご腺がこれにあたる。節足動物固有の排出器官は昆虫類とクモ形類の中腸と後腸の境に発達するマルピーギ管である。
 神経系も環形動物の梯(てい)状神経に起源をもつことは明らかであるが、体制が複雑になるとともに左右の神経節が密着し、また前後の集中化もおこってくる。一般に神経系の発達はよく、知覚や運動をつかさどる中枢神経系のほか、交感神経系も発達している。[武田正倫]

生殖・発生

一般に雌雄異体で、体の大きさ、体色、付属肢の形などに二次性徴が発達する。着生生活や寄生生活をするものには雌雄同体もあり、また性転換や単為生殖をするものもみられる。両性生殖と単為生殖の交代は昆虫類と甲殻類に存在し、ときには雄がまれであるために単為生殖が普通であるものもある。
 交尾器が発達するものでは性本能が著しく発達していることがあり、交尾完了までに求愛そのほか複雑な過程を経ることがある。通常、卵生で、幼虫、幼生の形で孵化(ふか)し、変態して成体形になる。卵は多くの場合、卵黄が中心にある心黄卵で、表割により発生が進行する。卵胎生や胎生もみられ、幼生生殖、幼体成熟、多胚現象の例もみられる。保育には段階があり、放卵にすぎない場合から、孵化幼虫がすぐ食物を得ることができるように準備がなされる場合までいろいろである。母体がある程度保護することもあり、社会性昆虫類では生殖不能の雌が幼虫のために食物を蓄えて与える。[武田正倫]

分類

節足動物の古い形のものは三葉虫類として古生代カンブリア紀にすでに出現しているが、昆虫類は古生代デボン紀になって出現し、中生代から新生代にかけて陸地の増加と植物の進化とともに栄えてきた。節足動物門は、現在、次の10綱に分類されている。
 (1)三葉虫綱Trilobita 化石のみ。(2)ウミグモ綱Pycnogonida 皆脚綱Pantopodaともよばれる。(3)剣尾綱Xiphosura 節口綱Merostomataともよばれる。カブトガニ類で、現生するのは4種のみ。(4)クモ形綱Arachnida クモ、サソリ、ダニなど。(5)甲殻綱Crustacea ミジンコ、フナムシ、エビ、カニなど。(6)結合綱Symphyla ナミコムカデに代表される小群。(7)少脚綱Paulopoda ニワヤスデモドキに代表される小群。(8)倍脚綱Diplopoda ヤスデ類。(9)唇脚綱Chilopoda ムカデ、ゲジなど。(10)昆虫綱Insecta トンボ、バッタ、チョウ、ハチ、甲虫類などからなる大群。[武田正倫]

生態

極地から熱帯、深海から高山まで地球上のあらゆる環境に、それぞれ巧みに適応した節足動物が生息している。環境の多様性は、歩く、走る、はう、跳ぶ、飛ぶ、泳ぐ、など運動の多様性をもたらし、また食性や生活様式の多様化も驚くほどである。攻撃や防御の方法もよく発達し、保護色や警告色、擬態や擬死などの習性のほか、付属肢がはさみとなる甲殻類、毒腺や毒針で攻撃するクモ形類、昆虫類などは注目に値する。また、昆虫類にみられる社会性の発達は、ほかの無脊椎動物にはみられない生態的特性である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の節足動物の言及

【動物】より

… 動物の化石は先カンブリア時代末期からも発見されているが,それらはきわめて不完全である。しかしカンブリア紀になると,原生動物の有孔虫や放散虫,海綿動物のフツウカイメン(普通海綿),腔腸動物(刺胞動物)のクラゲ,棘皮(きよくひ)動物のウミユリ,星口(ほしくち)動物,軟体動物,環形動物の多毛類,節足動物の三葉虫,鋏角(きようかく)類および甲殻類など,形態的にはっきり異なった門が突然現れるので,各門の間の系統的な関係を化石をたどって確かめることはほとんど不可能である。したがって門の間の系統関係(図)は,形態や発生から推定するほかない。…

※「節足動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

節足動物の関連キーワード側節足動物体節動物軟体動物亜門ジーボルト蠕形動物動物界半索動物化石節足動物節足動物化石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

節足動物の関連情報