コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジェルマンアンレ Saint-Germain-en-Laye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンジェルマンアンレ
Saint-Germain-en-Laye

通称サンジェルマン。フランス北部,イブリーヌ県北東部の都市。パリ西方約 20km,セーヌ川西岸台地上にある。 12世紀以来の王家の離宮サンジェルマン城があり,現在は古代博物館になっている。テラス (遊歩道) ,花壇も名高く,観光客が多い。町は高級な住宅地として発展。 17~18世紀の古い家並みや聖堂があり,北方に面積約 3500haの国有林サンジェルマンの森が広がる。アンリ2世,ルイ 14世,音楽家ドビュッシーの生地。人口4万 1710 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンジェルマンアンレの関連キーワードオルレアン公フィリップ1世マルグリット・ド・バロアサンジェルマン条約メアリー[モデナ]フロンテナクデュリュットドゥシェックシャルル9世ペレール兄弟クロムリンクルイ14世ティエールルイ13世グラモン公バイヨンノベールダビッドボンバンマンデスブールデ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android