コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンス大聖堂 サンスだいせいどうLa Cathédrale Saint-Étienne, Sens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンス大聖堂
サンスだいせいどう
La Cathédrale Saint-Étienne, Sens

北フランスのサンスにある初期ゴシック建築を代表する大聖堂。大司教アンリ・ド・サングリエによって 1142年以前に起工され,68年には大部分が完成 (→ウィリアム) 。2本ずつ組合わされた円柱によって支えられている半円アーチや,厚くて広い壁体などは,ロマネスク様式からの過渡的特徴を示している。しかし同時代サン・ドニ修道院シャルトル大聖堂などパリ地区の初期ゴシック建築とはまったく異なった性格をもつ建築例として重要な意義をもつ。西ファサードとそれを飾る彫刻群は 12世紀末,高塔は 13世紀初頭のもので,ステンドグラスには 12~17世紀の作例も残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サンス大聖堂の関連キーワードウィリアム[サンス]クーザン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android