コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンス大聖堂 サンスだいせいどう La Cathédrale Saint-Étienne, Sens

1件 の用語解説(サンス大聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンス大聖堂
サンスだいせいどう
La Cathédrale Saint-Étienne, Sens

フランスサンスにある初期ゴシック建築を代表する大聖堂。大司教アンリ・ド・サングリエによって 1142年以前に起工され,68年には大部分が完成 (→ウィリアム) 。2本ずつ組合わされた円柱によって支えられている半円アーチや,厚くて広い壁体などは,ロマネスク様式からの過渡的特徴を示している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンス大聖堂の関連キーワードゴシック建築ゴシック式サンドニ大聖堂サンレミ聖堂ゴシック様式プラハ大聖堂プランタジネット様式初期ゴシック美術ドイツ・ゴシック建築フランス・ゴシック建築

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンス大聖堂の関連情報