コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリアイントラステベレ聖堂 サンタマリアイントラステベレセイドウ

1件 の用語解説(サンタマリアイントラステベレ聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サンタマリア‐イン‐トラステベレ‐せいどう〔‐セイダウ〕【サンタマリアイントラステベレ聖堂】

Basilica di Santa Maria in Trastevere》イタリアの首都ローマ中心部、トラステベレ地区にある聖堂。ローマ最古の教会の一。ローマ教皇カリストゥス1世が建てた礼拝所に起源し、4世紀に教皇ユリウス1世聖母マリアを祭る教会を建造。12世紀に教皇イノケンティウスが再建し、現在見られるビザンチンの影響を受けたロマネスク様式の聖堂になった。12世紀に作られた内部後陣のモザイクが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンタマリアイントラステベレ聖堂の関連キーワード複素数業況判断DIサンタチェチリアイントラステベレ聖堂サンタトリニタ教会サンタマリアインコスメディン教会サンタマリアデッリアンジェリ教会サンタマリアデルポポロ教会サンタマリアノベッラ聖堂サンマルコ寺院聖ペテロ大聖堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone