サンタ・フェ・デ・ボゴタ(英語表記)Santa Fe de Bogotá

世界大百科事典 第2版の解説

サンタ・フェ・デ・ボゴタ【Santa Fe de Bogotá】

コロンビアの首都であり,クンディナマルカ県の県都。人口523万7635(1995)。アンデス山系中のクンディナマルカ盆地の標高2600mの高地部に立地する。1538年ヒメネス・デ・ケサダが先住民族チブチャ族の地に創設し,サンタ・フェ,またサンタ・フェ・デ・ボゴタと称した。独立後はボゴタと称したが,1991年に植民地時代の旧称に改めた。ボゴタの名は原住民チブチャ族系のバカダ族に由来する。独立当初の短命に終わったグラン・コロンビアの首都となり,1830年コロンビアが分離独立して以来,今日まで変わらず首都である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android